影響力の大きい重要な研究結果はできるだけ早く人々に伝え情報を共有すべきであり、そのためには、短報/速報(brief/short/rapid communications)の形式で報告することが有効な方法の一つです。学会での報告、プレプリントサーバー上での査読前原稿の公開、原著論文(フルペーパー)の執筆といった方法ではなく、短報/速報の形でコミュニティーと迅速に結果を共有することには、どういう利点があるでしょうか。 続きを読む